激!学生ローン 本文へジャンプ
学生ローン情報

学生ローン業界も貸金業法改正の影響か?
次々と金利引き下げへ

学生ローンの聖地、高田馬場では金利競争に突入!!

最終的には15%位で決着か


イメージ

過熱する学生ローン業界の生き残りサバイバル戦争
学生ローンといえば、学生の街、高田馬場で有名だが、地方に住む学生たちにはあまり知られていない。
学生ローンが軒を連ねる東京、新宿区の高田馬場では、熾烈な新規客の争奪戦が繰り広げられている。
そんな中で地方に住む学生たちに市場ターゲットを拡大する流れは当然の結果だろう。
ではどうやって地方の学生たちに学生ローンの存在をアピールしているのだろうか。
インターネットと言ってしまえば簡単だが、現実的には学生ローンのネット戦略というものはアテにならないのが現状だ。なぜか?そもそも「学生ローン」という言葉自体がマイナーであることに加え、仮に「学生ローン」というキーワードでユーザーがネット検索をしたとしても、上位表示されなければもともこもない。
ライバルが学生ローン専業者だけなら数もしれているので、そうそう問題でもないが、いわゆるアフリエイターによる比較サイトが検索結果の上位を占めている検索エンジンも中にはあるのだ。
「激!学生ローン」では、そんな学生ローン業界の生き残りをかけた新規顧客争奪バトルを中心に、鋭い切り口で迫る学生ローン業界の情報サイトである。

2013年5月23日
Googleペンギンのアップデートにより、金融系スパムにメスが入ったもよう。
元々「短期の即日ローン」というキーワードで、Googleに対しクレームが入り、これを受けてGoogleがキャシング系に対してのスパム強化をしたものである。
キャッシング系以外のキーワードでは、大した動きは見られないという評価が圧倒的だが、「学生ローン」や「キャッシング」・「ローン」といったアフィリ系キーワードでは凄まじい動きを見せている。
 
消えたアコム
「キャッシング」というキーワードで、以前はトップページの常連だったアコムが、100位以下の圏外に飛ばされた。
さすがに「アコム」では1位に表示されるが、こらはキーワードスパムという事なのだろうか?
いずれにしても、アフィリサイトに厳しいアップデートとなる事が予想されていたペンギン2.0だが、フタを開けてみれば比較サイトが上位を占めるというお粗末な結果となった。
「キャッシング」での検索結果に、アコムと比較サイト、どっちが上位表示されるべきか。
もう少し考えてもらいたいものである。

●2016年3月1日追記
昨年12月より噂があったペンギンアップデートだが、未だGoogleからの情報発信はない。
最近ではAMPやら構造化データやら騒がしくなっている。
特にAMPはGoogle肝いりで取り組んでいる。
AMP(アンプ)とは、Googleが開発した高速モバイル技術だが、注目を集めているのはカルーセルと呼ばれる検索結果の表示方法だ。
通常の検索結果の上に位置ち、画像付きで表示される為非常に目立つ。
SEOをやる者にとっては、非常に興味深い。
ただ、現在ではニュースサイトがメインとなるらしく、学生ローンのような零細会社のホームページは相手にされないだろう。
だが、将来的には一般サイトへの解放も示唆しており、準備しておくことにこしたことはないだろう。

●Googleの取り組み
Googleでは、Webサイトの完全SSL化や、1つのWebサイトでPCにもモバイルにも対応するレスポンシヴWebデザインを推奨している。
一時、これらの対策を取らないと、検索順位が下がるのではないかと言われた。
しかし、あれから暫く経って、そのような事にはなっていないのが現状で、Google自身も今のところ完全SSL化はあまり順位には影響しないことを明言している。
そうした中、これらを忠実に実行している学生ローンのサイトがある。

学生ローンのカレッヂがそれだ。

完全SSL化とレスポンシヴWebデザインを実装しているのだが、今のところ順位に影響はないようだ。
今後どうなっていくか、ぜひ注目していきたいと思う。